感染症で苦しんでいた捨て犬、見違えるほど元気な姿に!

Animal Aid Unlimitedがチェリーという捨て救助に駆けつけた時、すぐに死んでしまうのではないかと思われるほど、弱り切っていました。

毛と皮膚が疥癬(動物の皮膚病)に感染し、左の首のあたりがうろこに覆われたようになり、かさぶたが層になって乾燥した状態になっていました。路上での生活がいかに厳しいのかを物語っていました。

しかしチェリーは歩いたり、食べたりすることができたため、すぐには保護できませんでした。病気になった皮膚にはハエがたかっていました。初めはレスキュースタッフを信じていなかったチェリーでしたが、スタッフは素早くチェリーを捕まえ、すぐに治療を受けさせました。

スタッフはチェリーを連れてすぐさま獣医に連れて行きました。しかし、皮膚病の治療は時間がかかり、チェリーは来る日も来る日も痛みに苦しみました。

身体のあちこちと、皮膚病になった部分を覆っているかさぶたを柔らかくするローションを塗ったりと、治療にはたくさんの時間と根気のいる作業が伴いました。

ゆっくりとですが、かさぶたは取れていき、スタッフの努力を妨害するような感染症もなく、着実に治療は進み、チェリーはお風呂に入ることができるようになりました。

かつては弱り切っていたチェリーでしたが、今では信じられないほど元気な姿を取り戻しました! ワクチン接種をうけ、たくさんの愛情とケアによってチェリーは生まれ変わりました! ぜひ動画をご覧ください。

©Facebook Video Screenshot | Animal Aid India

 
関連記事