身動きも取れない、ひどい状況で捨てられていた3匹の子犬の救出劇

残念ながら、世の中には動物に対し、心無い惨いことをする人がいます。

インドで活動する非営利動物保護団体Animal Aid Unlimitedに、捨てられた3匹の子を保護してほしいと連絡が入りました。現場に到着すると、想像もできないほどひどい状態に置かれた3匹の子犬を発見しました。

3匹の子は、重くねばねばしたタールの中に埋もれ、全く身動きが取れない状態で捨てられていました。できることがあるとすれば、鳴くだけ、その姿は目も当てられない様でした。3匹のうち、2匹はすでに疲れ果て、諦めたかのように、鳴くことすらせず、辛そうにじっとしているだけでした。ただ1匹だけが、心が張り裂けそうな悲痛に満ちた鳴き声で助けを呼んでいました。

保護団体のスタッフは到着するなり、死に瀕している3匹を目の当たりにし、衝撃を受けました。しかし、もちろん子犬の命を諦めません。早急に最善の努力を計りました。一刻も早く助けたいと願いながらも、時間を掛けた作業が必要でした。べったりと子犬の毛に張り付いたタールを取り去るため、油で少しずつタールを取り除いていく日々が続きました。

救助する前にすでに憔悴しきっていたた子犬の命を心配しましたが、この小さな体で頑張りぬきました。

そして3匹の母犬も探しあて、母子は元気な姿で再会を果たしました。

子犬たち、よく耐えたね。

そしてスタッフの皆さんの地道な努力を称えたいですね。

©Video Screenshot | Animal Aid Unlimited

 
関連記事