まさか体長1.8メートルの大トカゲが! ワインレストランから引きづり出すウェイトレス

招かれざる客がレストランに乱入しました。誰もが叫び声を上げる中、「侵入者」と対決する勇気があったのは、ひとりのウェイトレスだけでした。この動画で、彼女が取った行動をご覧ください。

2017年2月19日のランチタイム、オーストラリアのニューサウスウェールズ州のレストラン『ミモザワイナリー』では、店員はみな、とても忙しそうに働いていました。そんなとき、お客さんたちがいっせいに叫び声を上げたのです。

「みんなが叫んでいたので、私も叫びました!」25歳のフランス人ウェイトレス、サミア・リラは、Bega District Newsに語りました。

当時、ワーキングホリデービザでオーストラリアにいたリラは、お客さんが座っていたテーブルの下に体長1.8メートルの大トカゲがいるのを見つけました。

 彼女は、まず、大トカゲの通りそうなところに椅子を置いて道をふさぎ、時間を稼ぎました。そして、最後は意を決して、大トカゲの尻尾をつかんで、ベランダを横切り、外に放り出すという、最善の方法をとったのです。

「そのときの私は、まるで子供のようでした。悪いこととは思いながら、大トカゲの尻尾をつかんで、お客さんの前を引きずりまわしたのです」とリラは言います。「私はちっとも怖くありませんでした。爬虫類が好きなので(笑)」と、少し興奮気味に語りました。

リラの圧倒的な活躍を、動画にてご確認ください。

Video Credit: YouTube | ViralHog.

 
関連記事