【アニマルレスキュー】密猟者の罠にかかったキリンを救え!

ケニアのツァボ保護区で罠にかかっているキリンを発見したレンジャー達。危険にさらされた動物たちを守るためには、どんな苦労も惜しみません。

密猟者によって仕掛けられた罠に苦しむ巨大なキリン。木々の上から飛び出た長い首は周りの木にぴったりとくっついて引っかかってしまっています。罠から出ようと何度ももがくキリンですが、うまく抜けられません。

いつもは大人しいキリンも、怯えている状況での救出作業はかなりのリスクが伴います。そこで、レンジャーたちはひとまずキリンを落ち着かせるために、精神安定剤を打ちます。

緊迫した空気が流れる中、3人のレンジャーがキリンに近づきますが、精神安定剤がまだ効いていないのか、キリンが頭を起こそうとしてレンジャーたちを追い払います。

その後やっとキリンが意識を失ったところで、素早く首にかかった罠を外します。

そして、車両に取り付けられたハーネスを使い、キリンを木々から離れさせようとします。この場面を見て初めて、レンジャー達とキリンの大きさの違いがわかると思います。

救助成功に、歓声を上げて喜ぶレンジャーたち。

最後の動画の場面で、木から飛び出した長い首が遠くへ消えていく姿が映ります。

この困難な救助作業の現場をカメラで撮影していた女性は、満足そうに「生きててよかったね」とつぶやき、最後には「バイバイ」とキリンに向かって優しい声でに別れを告げます。

Source: ©Video Screenshot | Caters

 
関連記事