【マリンスポーツ】呼吸器具なしの潜水の世界記録は214メートル!

世界的に有名なフリーダイバーのアルノー・ジェラルドさん。彼が、フランス国内最高記録の深さに挑戦する様子が撮影されました。

フリーダイビングとは、どんな呼吸器具も使わずに海深くまで潜るというスポーツ。ダイバーが息を止めていられる時間の最高記録は、なんと22分22秒にもなるのです。

では、その潜水距離の最高記録は?知れば、きっと頭がクラクラしてくることでしょう。

フリーダイビングというスポーツを軽く見てはならない。数年にも渡る訓練と、安全にかつ上手に行うための努力が必要です。決して、自分でやろうとしないように。

チームがついていて、危険が起こった場合に備えて、ダイバーの周りでサポートします。

潜水を始めたジェラルドさんは、水深25メートルの地点から先は重力に身を任せ、1秒間に約1メートルの速さで下へと向かいます。

ウエットスーツ以外は何も身に着けていない彼。目標の深さである92メートルにあっさりと到達し、今度は順調に上昇を始めます。彼曰く、息を止めているだけでなく、その深さに応じた水圧に自分自身の体を適応させているのです。

水面に顔を出すと、「潜水病」と呼ばれる、命をも奪いかねない症状から身を守るための特別な呼吸方法を行います。そして、フランス国内の最高記録を叩き出した喜びを、観客と分かち合いました。

それでは、これまでの世界最高記録は?なんと、214メートルです!信じられないですね!

出典: ©Video Screenshot | Jukin

 

 
関連記事