【里親】ダウン症で自閉症の少女を引き取った家族の話

私たちのかわいいピーナッツちゃんが幸せいっぱいの家庭を見つけて、どんなに私たちの人生を豊かなものにしてくれたことでしょう。
私の名前はジェン・ベニート。私にはもうすてきな家族と3人のかわいいこどもたちがいます。でも心の奥深くでもう一人赤ちゃんがほしいと願っていました。
この夢をかなえるいちばんいい方法は、里親になることだと思いついたのです。でも夫は反対でした。いつか本当の親にこどもを返さなければならない日がくることを彼はとても恐れていたのです。
でもたくさんの祈りの後話し合った結果、私たちは里親申請をすることに決め 申請が認められました。ようやくもう一人の子に愛情をたっぷり注ぐ準備ができました。
でも、待っても待っても待っても、なぜ連絡がこないのかわかりませんでした。だんだんイライラし始めました。
でもある日、私たちがずっと待ちに待っていた連絡が来たのです…

 

 
関連記事