【動画ニュース】中国製スマホや家電にはバックドア設置? 「共産党員を家に住まわせるのと同じ」

台湾の電機専門家の李忠憲(り・ちゅうけん)さんはフェイスブックに文章を掲載し、なぜファーウェイ製品の禁止が必要なのかを述べました。李さんは、個人情報はお金よりも価値があり、安いからといって安易に中国製スマホやスマート家電を購入するのはリスクが大きいと指摘します。スマホや家電製品にバックドアが仕掛けられている場合、家に共産党員を住まわせるのと同じだと指摘しています。

台湾国立成功大学電機学部教授 李忠憲氏

国家安全部からの笑い話だが、もしあなたが安全性に欠ける設備を使ったら、あなたとの縁を切るという。そういう設備を使ったら、24時間あなたの情報を収集する。ゾッとする話ではないか?新疆に例えて言うと、ウイグル人の家に共産党員が来て一緒に住むような話だ。それでも構わないのか?仮想世界でも同じ概念だ」

李さんは、個人情報の保護を重要視しないと、自分自身はもちろん、家族や友人にも被害をもたらす可能性があると強調します。李さんによると、社会的地位の高いある友人の家族が、中国製のスマート家電を購入したところ、家のインターネット回線の速度が落ちたそうです。調べた結果、家中の音声や動画が24時間止まることなく、中国の資料庫に送られていたとのことです。

 

 
関連記事