韓国、前最高裁長官を起訴 徴用工訴訟で職権乱用=聯合ニュース

ソウル 11日 ロイター] – 韓国のソウル中央地検は11日、元徴用工訴訟などに絡む職権乱用の罪などで前最高裁長官の梁承泰(ヤン・スンテ)容疑者を起訴した。韓国の聯合ニュースが伝えた。最高裁長官経験者の起訴は初めて。

梁被告は、2011年から17年に最高裁長官を務めた。朴槿恵(パク・クネ)前政権を支援するため、訴訟の判決を遅らせるなどした疑いで逮捕されていた。

ロイターは被告の弁護士や関係者からのコメントを得られていない。

韓国最高裁は昨年終盤、植民地時代に強制労働させられた元徴用工の韓国人4人に対して新日鉄住金<5401.T>が賠償すべきとの判断を示した。

 
関連記事