中国の佛教僧がCCP指導者を崇拝する?|英語・字幕ニュース|中国情報

中国の独裁体制の下では、1000年の歴史を有するお寺でも、もはや礼拝所ではありません。それどころか 中共の習近平総書記を神聖視する場所になっています。

中国共産党(CCP)は、人々の信仰の自由を蝕んでいます。

11月6日 中国西安「大慈恩寺」の住職は、寺中の仏教僧を一堂に集め、習近平氏の党大会での演説を 真剣に勉強しました。

寺院僧侶は新唐人に対し、当局の政策と高度な一致を保つためだと述べました。

西安「大慈恩寺」の僧侶
「私は こういうことにあまり経験がない。勉強を続けて 理解を深めていくつもりだ。寺には規則があり、全ての活動は 統一行動なので、何かイベントがある場合、積極的に参加しなければならない」

台湾の「チベット宗教基金会」の責任者は、中国では 国家権力が宗教僧に取って代わっていると述べます。

台湾の「チベット宗教基金会」DAWA TSRING
「中国では政権の権力が何よりも上位に立つ。宗教的権威が世俗的な権力を上回るチベットとインドとは違う。例えばタイでは 国王は非常に強力だが、それでも僧侶の面前では頭を下げる。インドもそうだし 以前のチベットでもそうだった」

「大慈恩寺」は中国北部の西安市にあり、1300年以上の歴史を持つ 世界的に有名な仏教寺院です。

【英語】Chinese Buddhist Monks Worship CCP Leader

Under China’s authoritarian regime, a 1000-year-old temple is no longer a place of worship.
Instead it’s become a place to venerate Chinese Communist Party head Xi Jinping.

The Chinese Communist Party or CCP is undermining Chinese people’s freedom of religion.

A few days ago, the abbot of a Chinese temple, the Daci’en temple(大慈恩寺)organized for all Buddhist monks to diligently study Xi Jinping’s speech from a key Party conference.

A monk from the temple told us their study of the speech is to maintain a high degree of alignment with the policies of the regime.

“I don’t have a lot of experience in this. I will continue to study and deepen my understanding. There are rules in the temple. All activities must be unified. If the temple arranges something, you must actively participate.”

The chairman of the Taiwan Tibet Religious Foundation told us that in China state authorities supersedes that of religious monks.

“Because in China it is the authority of the regime above all else. Unlike Tibet or India where religious authority overrides secular power.For example, in Thailand the king is very powerful, yet he still bows in front of monks When he meets them.It’s like this in India and it was like this in Tibet before as well.”

China’s Daci’en temple is located in northern China’s Xi’an city.
It’s a world-famous Buddhist temple with a history of more than 1300 years.

 
関連記事