「Stop The Steal」米国人の大多数はもう沈黙しない【有権者の声】

デイブ・ブレイ・USA(DAVE BRAY USA)/ミュージシャン
私の名前はデイブ・ブレイ・USA(DAVE BRAY USA)私はミュージシャンで、愛国的なエンターテイナーだ。信心深い、平和と愛を信じる旗を振る愛国者だ。
私はこの国が、この星における自由と希望への最後のとりでであると信じている。もし、この選挙が失敗するとしたら、その原因は、有権者が生きていようと死んでいようと、彼らは全ての人に投票用紙を郵送するからだ。猫と犬、あらゆる動物の登録住所に投票用紙が送られるのだ。この州にすでに住んでいない人にまで投票用紙を郵送するのだ。
もし、この選挙で盗みが許されるのであれば、これはアメリカの歴史に残る最後の選挙になる。アメリカ国民の声と自由は永遠に消えるだろう。そして、世界を照らす自由の光が永遠に消え、われわれを照らす自由の光が消えてしまう。これが私がここにいる理由であり、われわれがここにいる理由だ。人々がトランプの旗やアメリカ国旗を持って、ここにいる理由だ。
向こうを振り向けば、これらのことを理解しない人たちが見える。彼らは異なる角度から異なる考え方を注ぎ込まれ、彼らはこれを暗闇だと認識している。
彼らは、アメリカが公平な場所ではないが自由な場所であることを知らないのだ。その自由があるからこそ、人々は彼らの不公平と戦うことができる。われわれがこの考えをやめてしまえば、われわれは失敗し滅びることになるだろう。

カイリー・ジェン・クレーマー(Kylie Jane Kremer)/「ウィメン・フォー・アメリカ・ファースト」取締役
私はカイリー・ジェン・クレーマー、「ウィメン・フォー・アメリカ・ファースト」の取締役でFacebookで「STOP THE STEAL」(盗むのを止めろ)のグループを創った。
22時間で36万余りのフォロアーが増えたが、その後、Facebookは私たちのアカウントを閉鎖した。その時点で、私たちは10秒毎に1千人のスピードでフォロアーが増えていた。このことは我々の動力となり、人々は集まって大きな連合を作った。人々はウェブサイトを通じて今回の選挙が如何に盗まれたものであるかを知ることができる。私たちは各州で集会を行い、すべての合法的な票が集計され、すべての非合法な票が廃除されるまで集会を続ける。

ポール・ゴサー(PAUL GOSAR)/米上院議員
今が国を奪い返すゴールデンタイムだ。今が投票権を奪い返すゴールデンタイムだ。全ての合法的な有権者が投票する機会があることを保障し、それを返してもらう絶好の機会だ。

NTDTVレポーター
「NTDTVがビバリーヒルズからお伝えします。多くの抗議者は、激戦州の選挙詐欺への調査が完了してから、選挙結果を受け入れると述べています」

ジム・ベレンジャー/ロサンゼルス住民
「バイデン氏は勝利したのではなく、犯罪を犯したのだ。私はとても待ちきれない。彼は刑務所ではいい状況にはならないだろうが、そこに長くいることになるだろう。

 マリオン・ベレンジャー/ロサンゼルス住民
「民主党はいつも、全てのことに対して、公開かつ透明性を要求していたが、今回は違う。これは理にかなわない。

「われわれには主流メディアはなく、あるのは国営テレビだ。そして、バイデンの親衛隊と民主党のマシンになっているニュース機関のみだ。彼らは私たちが自分の国に住んで欲しくないし、私たちが権利を持つことを望まない。彼らは私たちのお金をとることばかりを考え、どうやって私たちのお金を使うかだけ考えている。カリフォルニア州でやっていたように、彼らは世界で最も素晴らしいゴールデン州をくだらないダメな場所に変えた。私はここで言う言葉に気を付けなければならない。しかし、私たちは彼らが何ができるかを知っている。彼らは接触した全てをぶち壊すのが目的だ。主流メディア?いや違う、彼らはレームストリーム・メディア(マスゴミ)だ。彼らは間違ったニュースを報道するネットワークに過ぎない。

キャリン・スタンフォード/ロサンゼルス市民
私は生まれてからずっとここに住んでいる。私は長い間投票してきた。あなた達よりずっと年上だ。選挙が途中で止まったのをこれまでに見たことがない。彼らは選挙を止め、完全にシャットダウンした。そして「明日からまたスタートする」なんて言う。これはとても怪しい。このようなことはこれまでになかったし、あってはならない。

KEN/ロサンゼルス市民
私は中国大陸から留学のために来て、今はすでに米国の市民になっている。1989年六四事件の時に、私たちは中国で腐敗に反対し、公民権を得ようとした。まさか30年後に、米国で再び街頭に出て公民権のために声をあげることになるとは思わなかった。

アリシア・マクミラン/民間組織の創立者
私は今日ここに来て、私の国のために、真理のために戦っている。私たちは、選挙の公正性を保つ必要があり、米国は他の国から民主と共和の手本として見なされている。私たちも良い手本を示し、世界のためにスタンダードを確立した。もし選挙が盗まれ、米国人の声が無視されるようなことが米国で起きるなら他の所で悪いことが起きても、言い訳ができるようになる。だから、選挙の公正性を求めるためにここに来ている。夜中に突然現れる票ではなく、すべての合法的な票が集計されてほしい。正しいことをするためにここに来ている。

アントニオ・ポリカストロ/アリゾナ市民
私は、これはトランプを支持する集会というより、自由を支持する集会だと思っている。

サポーター
私たちが今目にしていることは、潜入して選挙を盗むことによって、世論を制御し、選挙に影響を与えようとしている。今となって、もはや誰に投票したのかではなく、誰が票を集計しているかが問題なのだ。

サポーター
私はこの国のことがとても心配だ。トランプ大統領は米国史上最も偉大な大統領だと考えている。彼は我々の憲法や権力のために戦っている。私はそれを強烈に感じている。より多くの人が出てきて、彼を支持し、米国を支持してほしい。

ケーシー・シマー/ハリスバーグ市民
私は特定の選挙結果のために来たのではなく、私は憲法を守るためにここに来た。もしそれがなかったら、私たちに何が残るのか。

GUS/ソフトウェアエンジニア
選挙中は、いつもある程度の詐欺が存在するが、今回の選挙はこれまでで一番露骨に行われている。トランプ氏が大量の支持を得ているからだ。米国人の多数派の民意を破壊するために、このレベルの詐欺が必要だったんだろう。だから今回はこれまで以上に露骨に行われている。

NTDTVレポーター
私たちはミシガン州の州都ランシングの議会ビルの前にいます。人々はここで全米で起きている抗議活動に参加しています。

ジェリー・デンマン/消防・救急隊員
サイレント・マジョリティはもう沈黙しない。今ご覧の通り、様々な業種、民族、背景の人々が集まっている。

タイラー・ジョーンズ/建築業者
朝4時に、約15万枚の票がバイデン氏に加算された。母親の友人が監査員だが、彼女はこのようなことは統計学上ではあり得ないことだと言った。青い地区(民主党の票田)であるニューヨークでさえ、約2割の人がトランプに投票される可能性があるのに。

ジョセフ・ヤンチョ/ランシング市民
ドミニオン投票機で起きたことを見ると、ミシガン州一つの郡で、6千票が間違って数えられたのだ。それらは本来トランプ氏に投じられたが、バイデン氏に加算された。そして彼らは小さな故障だと主張した。しかし、ドミニオン投票機は民主党上院議員ダイアン・ファインスタイン(Dianne Feinstein)と彼女の夫と関係があるんだ。さっきも言ったが、私は中立であり、完全な共和党支持者ではない。この事は共和党より大きく、我々の国に関係している。我が国の最も重要な機構の誠実さと信用に関わっている。もし選挙プロセスが信じられなければ何が信じられるのか。

カイリー・ジェン・クレーマー(Kylie Jane Kremer)/「ウィメン・フォー・アメリカ・ファースト」取締役
皆さんが週末に街に出てきたのを見てとても嬉しい。人々の怒りに火がつけられ、皆怒っている。彼らはただトランプ大統領と彼に投じた票のためだけではなく、公正な選挙と憲法のために戦っている。

タイラー・ジョーンズ/建築業者
ご存知の通り、私たちの大統領は譲歩しない。彼は絶対に譲らない。彼は失敗者(ルーザー)ではない。彼はライオンであり、戦士である。彼は永遠に私たちのために戦う。必要であれば、私たちはそれを最高裁判所まで持ち込む。

立ち上がれ、人々よ!目を覚ます時だ。

神の御加護を!
 
ジーン・エッカズ/定年退職者
一つだけ皆さんとシェアしたいのは、私たちは米国のために祈るべきだ。私は神を信じており、私は善は必ず悪に勝つと信じている。そして私たちの政府の中には確実に邪悪が存在していると考えている。とても怖いと思う。だから皆さんが祈りをしてほしい。私たちは、より多くの道徳と善行を取り戻さないといけないと思っている。だから最後に言いたいことは、我が国のために祈りましょう。

 
関連記事