中共人民解放軍(PLA) 共産党への忠誠心を強調=中共結党100周年

中共の人民解放軍PLA)では、大規模な忠誠心キャンペーンが開始されます。キャンペーンの狙いは共産党及び最高指導者の習近平総書記への忠誠心を高めるためであり、今年で中国共産党結党100周年になる記念行事の一環となっています。しかし、中国共産党(CCP)は人民解放軍の香港駐屯部隊関連の祝賀イベントを行うものの、通常の大規模な軍事パレードは実施されない見通しです。

中国人民解放軍(PLA)の李軍少将は23日、中共結党100周年に向け記者会見を行い、「軍は習主席の指揮に断固として従い、習主席に責任を負い、習主席に安心してもらわなければならない」と述べました。

中共結党記念日に当たる7月1日まで兵士全員が党の歴史に関する教育を受けることになっています。目的としては、「核心に忠実であり、核心を守護し、核心に従順である 」ことができるようにするためです。中国共産党の意味する「核心」とは、習近平総書記を中心とした党の最高指導部を指します。

また、李軍少将は「この教育は、兵士たちが『中国の特色ある社会主義』に関する習近平思想の輝かしい真実を理解することを目的としている」と強調しました。

 
関連記事