福岡県郷友連盟會長 「ダンサーたちは神の使者」

2019/02/09

2月4日、神韻世界芸術団の福岡サンパレスでの公演は満員御礼となりました。福岡県郷友連盟会長の吉田邦雄氏は、韻の団員たちは神様の使者であり、神韻が伝えるメッセージは全ての人にとって良いものだと讃えました。

福岡県郷友連盟会長 吉田邦雄
「共産主義社会ではないですから、人間としての尊厳を傷つけるとか、それを当たり前としてやっていますけど、そういうところを演劇で表現して、を信じるというそういう世界を表現された踊りというのは、大変感動しました」
「人は生まれながらにして、神から地上に遣わされた生き物ですよと、徳を積むことは大事ですよと、人に優しくしなさい。そういうことを表しているから、それは世界中にいい効果を現すと思います」
「演じているその人たちは神様から遣わされて、地上に降りて来た人たちですから、それは表れていると思いました」
「ぜひ、頑張って世界中で、言葉が通じなくても、踊りで通じます。世界中で公演を続けて欲しいと思います」