【趣味の園芸】プランターやペットボトルでつくる本格家庭菜園

都会のアパートに住んでいる皆さん、十分な土地がないからといって野菜果物を栽培するのをあきらめていませんか?手作りのプランターやペットボトルさえあれば、皆さんでも自分が食べる安全安心な食べ物を栽培できますよ。

続きは下の動画をクリックしてね?

それに、野菜を栽培するからといって、わざわざ種を買いに行かなくてもいいんですよ。皆さんが普段なら捨てている部分を使うことで簡単に栽培ができるんです!

いくつかご紹介しますね。

パイナップル

パイナップルを丸ごと1個買ったときは、葉の部分を傷つけないように上部を切ってください。少し果肉がくっついている程度のところで切るのがちょうどいいでしょう。次に、切った上部を水の入った瓶に入れます。このとき、葉が水につからないように気をつけてくださいね。根が出るまで根気強く待って、根がでたら、土に植えましょう。

アボカド

まず、アボカドを種を傷つけないように注意深く切って、種を取り出してください。そして、種に少し切り込みを入れます。水が半分程度入った瓶を用意してください。それから、種全体が水に浸かってしまわないように、種を支えるための楊枝を4本くらい種に刺してください。しばらくすると根が出てきますが、根が十分に太くなってから土に植えてくださいね。

芽キャベツ

芽キャベツの下部を切り落とし、水につけておいてください。2週間ほどで発根するので、土に植えてください。

パセリとバジル

上の部分の葉を少し残して下の部分の葉を取り除いてください。水の中に入れて、根が約5㎝ほどに伸びたら、土に植えてください。

玉ねぎ

下部を切り落とし、水の入った瓶に入れ、十分に日光を当ててください。根が長く伸びてくるまで毎日水は変えてください。根が十分に長くなったら土に植えてください。

サツマイモ

サツマイモ1個を用意し、アボカドと同じように、楊枝でイモを支えます。水の入った瓶に一部を浸し、芽が出てくるまで待ちましょう。芽が数個でたら土に植えてください。

ジャガイモ

サツマイモの場合と似ています。根が出てきたら土に植えてください。

皆さん、これらの方法を友達や近所の人にも教えてあげてください。きっと、簡単にかつ安く有機栽培ができるので、喜ばれること間違いなしですよ!

 
関連記事