北京・天津・河北省で奇怪な形の雹が!形が中共ウイルスにそっくり

6月25日は端午節。夏の始まりであるが、北京、天津、河北省では大雨、雷、強風と共に大粒のが降った。大きさは卵やピンポン球の大きさのものから拳ほどの物まで。車のガラスが全部割れているところから、その破壊力が窺い知れる。

さらに、雹の形が中共ウイルス(新型コロナウイルス)そっくりで話題となり、多くのネットユーザーが写真を投稿している。

 

 
関連記事