米政府、ベネズエラ国軍と直接連絡 離反促す=政府高官

[ワシントン 8日 ロイター] – 米政府ベネズエラ国軍に直接連絡を取り、マドゥロ政権からの離反を促していると、ホワイトハウス高官が明らかにした。また、米政権はマドゥロ大統領退陣への圧力を強めるため、追加制裁実施の用意を整えているという。

ホワイトハウス高官はロイターとのインタビューで対話の詳細などには踏み込まなかったものの、「限定的だが、マドゥロ政権の元閣僚や軍部と対話を続けている」とし、今後離脱者が増えるとの考えを示した。

さらに、トランプ政権が追加制裁の用意を整えているほか、マドゥロ政権存続を手助けしているとみられるキューバ国軍や情報機関の職員に制裁を科すことを検討しているとした。

また、マドゥロ政権が国外に資産を移転したり隠したりすることを阻止するため、欧州同盟国が一段の措置を講じる公算が大きいと、米政権は想定しているという。

 
関連記事